松葉きもの学院ブログ

2020.11.17

vol.9 帯結びのポイントー神戸市・東灘区の着付教室ー

こんにちは!

甲南教室ブログ

vol.9です (о´∀`о)/

お待たせしました。

 

 

今回は ぼやき から

 

よくご質問頂くのが

着物までは

出来るんですけど

帯が出来なくて~

帯だけ教えてもらえませんか?」

 

というお話。

 

このご相談を受けるのは

躊躇します

 

 

なぜかというと

このご相談をされる、

実に8割の方が

「着物も着れない」

んです

 

 

失礼ながら、申し上げますと

「昔習ってたから、着物は着られる」

というご自身の神話をお持ちなのです。

つまり

空白の歴史に目をつぶっているわけです

 

帯結びを忘れるくらい

時間が経っている

=着物も自分で着ていない

ということ。

 

帯結びだけのお稽古では、

お外に出られない方が

「帯だけ教えて」

と仰るパターン、

実に多いです。

 

年に1回でも、

自分で着物を着ているなら、

そんな事にはならないのですが…

 

というわけで

経験上ではありますが、

「帯だけ」と仰るお稽古は

慎重に聞き取りしてから

お受け致します。

 

 

 

で、本題です

「帯結びのポイント」です。

ここまでの(ぼやき)で

お察し頂けているかと思いますが、

「すぐ出来るわけない」です。

 

なのに「ポイント」って?

このブログが炎上することはないので、

安心して言いますね(笑)

 

どこの学院、教室で習っても

出来上がりは同じです。

では、どこが違うのかというと

 

①手先の残し方

②帯を締めた後の止め方

③帯枕を上げる前と後

 

およそこの3つかと思っています

 

ですので3つのポイント

を、強く意識して

お稽古を受けて頂くと

良いかと思います。

 

この3つのポイントは

1人で練習するとき

「あれ?」

と、止まるところの

ランキング上位でも

ありますので。

 

そんなランキングはないですが、

個人的な統計で。

 

今回の話をまとめますと、

1)帯だけ忘れる、

  ということはない

その時は着物も忘れてます。

2)帯結びを

 「覚えるポイント」

  を意識する

忘れやすいところを、意識して覚えてください。

 

これだけで、

記憶の戻りも変わってきます。

「何回習っても忘れる」

という

着付難民になるの

回避しましょう!

 

 

では、また来週~~~

(たけいし)

 

 

 

そして、その為にも

毎週お稽古のある

当学院へ

 

詳しくはこちら無料体験レッスンやレッスン内容に飛びます

 

 

 

 

 

松葉きもの学院 甲南教室

〒658-0011

神戸市東灘区森南町1-5-1セルバ1F

TEL: 078-414-3132

※「きもの松葉 甲南店」にかかります。

「きもの学院の件で」とお伝えください。