松葉きもの学院ブログ

2021.06.22

vol.25 夏のきものって?ー神戸市東灘区の着付教室ー

こんにちは!

甲南教室ブログ

vol.25です(о´∀`о)ノ

 

日に日に暑くなりますね~

(´ヘ`;)ウーム…

 

 

こんな時って、

どんな着物着たらいいんだろう・・・

 

「着物って、暑いよね」

と、言われることがあります

 

そんな時は

「ううん、慣れたら別に」

と、答えてます。

 

「やせ我慢?」

と思われがちですが。

 

 

帯のところは何枚も重なっていますので

暑いんだと思います。

けど、着てたらそんなに気にならないんです

 

 

ただ、着物(それと長襦袢)の

素材によっては

体感温度がまるっきり違います

 

夏の着物(長襦袢)の素材には

・正絹(シルク)

・綿

・麻

・合成繊維

 

などがありますが、

それぞれが「ピンきり」でして

「これがNO.1」というものはありません

 

 

正絹の着物でも

生地の織によって

めちゃくちゃ違います

 

夏は汗をかくし

おうちで洗えるから、

綿とか

麻とか

選びがちですが

 

綿はかえって暑かったり

麻はしわになりやすかったり

ということもあります

 

1つだけ言えることは

ポリエステル100%は

オススメできない

 

ってことです( ̄ー ̄)b!

 

が!!!

いわゆる「化繊」がダメと

いう事じゃないんです

 

今は洗える着物にも

優秀なものがあり

さらっとして着心地のよい

化繊も開発されています。

(そこそこのお値段はします)

 

 

地獄の沙汰も金次第

なのです。

安価で・洗えて・手軽なのは

そりゃ、嬉しい

 

しかし、そこには

サウナスーツのような

ボクサーの減量追い込みのような

灼熱地獄

が待ち受けています。

 

そこのところだけ

気をつけて選べば

夏の着物も快適に

過ごせるとおも、います。

 

 

これって、どうだろう?

と思ったら、ご遠慮なく

カタログ、ネット画面でも

お店に持ち込んで

お尋ね下さいね

 

 

 

 

ちなみに

超個人的には

絽ちりめんが1番

涼しいと思ってます

絹が結局1番涼しい・・・

************************************************

お稽古風景、ご紹介します

 

初めての二重太鼓(袋帯)!

なにか、お式事にきものを着る時は

お祝いが重なるよう、二重太鼓を結びます。

いざというとき一番必要な帯結びですから

皆さん、そりゃもう真剣!

私もやりたい!やってみたい!

と思ったら、今すぐ始めましょう!!!

***********************************************************

9月スタート生、募集開始!

早期入会で、先取りレッスン無料です!!!

↓↓↓こちらをクリック↓↓↓

 

〒658-0011
神戸市東灘区森南町1-5-1 セルバ1F
松葉きもの学院 甲南教室
TEL:078-414-3132

※「きもの松葉 甲南店」につながります。
「きもの学院のことで」とお伝え下さい。