松葉きもの学院ブログ

2021.02.23

vol.17 着付け小物の選び方(衿芯の違い)ー神戸・東灘区の着付教室ー

こんにちは!   甲南教室ブログ vol.17です   (о´∀`о)   以前はオススメの 帯板のお話でした ↑クリックで前のお話に飛びます     今回は【衿芯】のお話。   衿芯なんて、 見えへんし 何でもいいんちゃうの?     と、思います?       そうじゃない!         と、言いたいところですが キレイに着られるなら なんでも大丈夫です       じゃ、どれが? ということで、 衿芯の種類を一旦ご説明。       衿芯には、 ①形 ②長さ ③素材 によって、 そりゃもう、20パターン以上の 商品が出ています もう、何がなんだか     そこで、ワタクシが厳選したのが この2パターン。 それぞれの特徴は   :まっすぐ、幅広、長め、しっかり素材   向きを気にせず使える、耐久性がある   厚みがあるので、差し込むときは少し頑張る   :山あり、幅広、長さ普通、薄い素材   肩の沿いがいい、差し込みやすい、安価   向きが決まっている。折れ目が付いてしまうと、交換。     選び方は ①着物を着る 回数が多いか、少ないか   ②自分で着られる人かどうか   ということも になります     上の芯をオススメする方 普段は着物を着ない 何十年ぶりかで留袖を着る 式場で着付けてもらう   下の芯をオススメする方 時々着物を着る機会がある 自分で着付できる     と、いう風に ワタクシは分けております。   ご参考になればと。(たけいし)
昔習ったときのお道具の使い方、 着物のコーディネートなど ご質問は店舗でいつでも受付けています   〒658-0011 神戸市東灘区森南町1-5-1 セルバ1F 松葉きもの学院 甲南教室 TEL:078-414-3132   ※「きもの松葉 甲南店」につながります。 「きもの学院のことで」とお伝え下さい。  
3月スタート生、 まだ間に合います! 詳しくはこちら無料体験レッスンやレッスン内容に飛びます